重点研究課題

リサーチプロジェクト(RP)

有機化学物質リスク評価

重金属リスク管理

外来生物生態影響

遺伝子組換え生物生態影響

水田生物多様性

情報化学物質生態機能

作物生産変動要因

温室効果ガス

炭素・窒素収支広域評価

栄養塩類リスク評価

温暖化モニタリング

化学分析・モニタリング

農業空間情報

農業環境リスク指標

環境資源分類・情報

温暖化緩和策 リサーチプロジェクト

 

農業活動による温室効果ガスの発生を抑制するため、次のような研究を行います。

(1) 農耕地からの温室効果ガス発生に及ぼす気象、土壌、栽培管理条件の影響をほ場試験等によって定量的に評価し、二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素など温室効果ガスの発生量を予測するモデルを開発します。

(2) 日本およびアジアを対象にした温室効果ガスの総合収支データベースを構築し、耕作の実態に基づいた温室効果ガス収支の算定手法を開発します。

(3) データベースの解析と温室効果ガス発生量予測モデルを活用して、施肥、水、有機物管理、輪作などによる温室効果ガス発生抑制の効果を定量的に評価します。

農業活動に伴う炭素動態の変化や窒素による環境負荷を国・東アジアスケールで明らかにし、農業に関わる環境問題の解決に貢献するため、次の研究を行います。

(1) 土壌環境基礎調査データベースに基づいて,土壌炭素の動態を記述するモデルを検証・改良します。このモデルによって、気候変化や人為的管理変化による農耕地における土壌炭素の蓄積量の変化を予測します。

(2) 作物生産、輸出入、消費に伴う窒素の環境への負荷と水質や自然生態系への影響を、物質収支モデルを用いて流域規模または国規模で明らかにし、また社会経済変化シナリオに基づいて将来予測を行います。

リサーチプロジェクト(RP)の紹介(11) 温室効果ガスRP (情報:農業と環境 No.80 2006年12月)
リサーチプロジェクト(RP)の紹介(13) 炭素・窒素収支広域評価RP (情報:農業と環境 No.81 2007年1月)

研究紹介リーフレット 「農耕地における温室効果ガス発生抑制技術の定量的評価」 (PDFファイル、0.9MB)
研究紹介リーフレット 「農業活動等に伴う炭素・窒素収支の広域評価手法の開発」 (PDFファイル、1.0MB)

リサーチプロジェクトリーダー:

 物質循環研究領域 主任研究員 白戸 康人

(本RPは、2011年3月に解散しました。2011年4月以降のRP一覧