イベント・セミナー

専門家 生産者 企業

第11回農業環境インベントリー研究会「農業DXのためのベース・レジストリ整備とインベントリー研究」

情報公開日:2021年2月 2日 (火曜日)

第11回 農業環境インベントリー研究会
農業DXのためのベース・レジストリ整備と
インベントリー研究

開催趣旨

農研機構では、「2025年までに、ほぼ全ての農家でデータ活用」という国の方針に基づき、スマート農業や人工知能分野の研究に取り組んでいます。そうしたなかで注目されているのが「ベース・レジストリ」です。ベース・レジストリとは公的機関等で登録・公開され、様々な場面で参照される、人、法人、土地等の社会の基本データで、正確性や最新性が確保された社会の基幹となるデータベースとされています。現在、デジタルトランスフォーメーション(DX)の基盤情報として整備が進んでおり、農業分野では農地情報が対象とする取り組みが進められています。環境や農業分野におけるベース・レジストリの整備や活用も、今後さらに進むと考えられます。

そこで本研究会では、我が国のベース・レジストリ整備状況について概観するとともに、農業や環境分野で今後どの様なベース・レジストリの整備が必要なのか、また、ベース・レジストリ整備とインベントリー研究が、それぞれに及ぼす影響について議論を深めたいと考えます。

開催日時

令和3年3月2日 (火曜日) 13時 ~ 17時

開催場所

WEB開催(ZoomおよびYoutube Liveストリーム)
視聴のためのアドレスは、後日、このページに掲載します。

主催

農研機構 農業環境変動研究センター

参加対象

国公立研究開発機関、行政部局、大学、民間、農家・農業法人、その他

プログラム

挨拶 農研機構 農業環境変動研究センター所長 渡邊 朋也
趣旨説明 農研機構 農業環境変動研究センター 岩崎 亘典
13:25~14:10 1) 基調講演:我が国のベース・レジストリ整備と農業・環境分野での展望
株式会社New Stories代表 太田 直樹
14:10~14:55 2) 農林水産省におけるベース・レジストリの整備とDX推進への取り組み
農林水産省大臣官房デジタル戦略グループ 向江 拓郎
畠山 暖央
(休憩 14:55~15:10)
15:10~15:30 3) ため池におけるベース・レジストリの構築と防災への活用
農研機構 農村工学研究部門 堀 俊和
15:30~15:50 4) 土壌ICTモニタリングにおけるベース・レジストリ
農研機構 農業環境変動研究センター 高田 裕介
15:50~16:10 5) 過去の気象観測情報整備とベース・レジストリ
農研機構 北海道農業研究センター 石郷岡 康史
農研機構 農業環境変動研究センター 桑形 恒男
16:10~16:55 6) 総合討論 (司会)農研機構 農業環境変動研究センター 岩崎 亘典
閉会

参加方法

どなたでも参加いただけます(参加費無料)。
参加を希望される方は、2月25日頃に当サイトに掲載されるURLからご参加ください。事務局(inventory2020@ml.affrc.go.jp)あてに参加希望と記載したメールをお送りいただいた方には、前日までに研究会開催URLをメールでお知らせします。

開催事務局・問い合わせ先

農研機構農業環境変動研究センター 環境情報基盤研究領域 小原 洋
〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3
電話:029-838-8351 E-mail(事務局): inventory2020@ml.affrc.go.jp