農業環境変動研究センター

温室効果ガス削減ユニット

農地から発生する温室効果ガスの連続測定装置

急速な人間活動の増大により、二酸化炭素 (CO2)、メタン (CH4)、一酸化二窒素(N2O:亜酸化窒素)などの温室効果ガスの大気中濃度が増加し、地球温暖化が問題となっています。
温室効果ガス削減ユニットでは、農業分野の温室効果ガスの排出を削減するため、農地からの温室効果ガス発生メカニズムの解明、発生抑制技術の開発などの研究を行っています。
・土壌炭素蓄積
土壌有機物が微生物により分解されることによりCO2が発生しています。土壌有機物が減少すると農地はCO2を排出し、増加ならCO2を吸収するといえます。土壌炭素量を増加させるためには、堆肥や緑肥などの有機物の施用量を増やす管理や、不耕起栽培などの土壌有機物の分解を遅くする管理が有効です。
・CH4の発生削減
水田に水を張ることにより土壌が嫌気状態(酸素がない状態)になると、メタン生成菌がワラなどの有機物を分解することによりCH4が発生します。これまでの研究において、CH4発生量の削減のためには、水田の水を落とす中干しの期間を長くしたり、ワラのすき込みから堆肥のすき込みに切り替えたり、ワラのすき込み時期を春から秋に切り替えたりするなどの管理が有効であることを明らかにしてきました。
・N2Oの発生削減
化学肥料や有機肥料など窒素を含む肥料を農地に施用すると、土壌微生物のはたらきによりN2Oが発生します。窒素肥料の量が多いほどN2Oの発生量が多くなるので、N2Oの発生削減のためには、窒素肥料の施用量を抑える減肥が有効です。また、これまでの研究において、硝化抑制剤入り肥料もN2O発生量抑制に有効であることを明らかにしてきました。
農地からの温室効果ガスの削減においては、一つのガスだけに注目するのではなく、3つの温室効果ガスを総合的にみて排出量を減らすことが重要となります。また、農業現場への普及のためには、農業の生産性を考慮した温暖化緩和技術の開発が重要です。


メンバー