国内にはラプラタリンゴガイとスクミリンゴガイが生息する

要約

国内に生息するリンゴガイは大部分がスクミリンゴガイであるが、一部地域にはラプラタリンゴガイも生息する。両種はマルチプレックスPCRにより簡易に識別できる。

  • キーワード:スクミリンゴガイ、ラプラタリンゴガイ、ミトコンドリアDNA、マルチプレックスPCR
  • 担当:九州沖縄農研・九州水田輪作研究チーム、難防除害虫研究チーム
  • 代表連絡先:電話096-242-7732
  • 区分:九州沖縄農業・病害虫、九州沖縄農業・水田作
  • 分類:研究・参考

背景・ねらい

南米原産であるリンゴガイ科Pomacea属の貝類は1980年代に主として台湾を経由して日本に導入され、その後西日本を中心にイネの重要害貝となっている。Pomacea属の形態による分類は不明瞭な点が多かったが、近年、塩基配列情報に基づくPomacea属内の系統関係が明らかとなった。そこで、国内に生息するPomacea属の塩基配列情報を解析し、これまでスクミリンゴガイP. canaliculata 1種であるとされてきた国内のPomacea属の再検討を行う。さらに、複数の種の分布が確認された場合、それらの簡易識別法を開発する。

成果の内容・特徴

  • 国内の13地域に生息するPomacea属は、既知のPomacea属特異的プライマーを用いてミトコンドリアDNACOI領域(約710bp)の塩基配列を分析すると、概ね3つのクレード(遺伝的集団)に分かれる(図1)。
  • 既知のPomacea属塩基配列との比較から、3つのクレードのうち2つはスクミリンゴガイ、残りの1つはラプラタリンゴガイP. insularumであると判定される。
  • スクミリンゴガイ、ラプラタリンゴガイは形態による識別は困難であるが(図2)、マルチプレックスPCRにより識別できる(図3)。
  • 多くの地域にはスクミリンゴガイのみが生息し、ラプラタリンゴガイは静岡県、広島県、石垣島、西表島の4地域で生息が確認されている(表1)。

成果の活用面・留意点

  • マルチプレックスPCRによる識別法の詳細は、発表論文を参照。
  • 両種の生態及び被害については、今後、比較調査が必要である。

具体的データ

図1.ミトコンドリアDNACOI領域の塩基配列情報に基づく、国内のPomacea属の系統樹

図2.スクミリンゴガイ(上段)とラプラタ

図3.マルチプレックスPCR産物の電気泳動図

表1.スクミリンゴガイとラプラタリンゴガイの分布地域

その他

  • 研究課題名:地域条件を活かした高生産性水田・畑輪作のキーテクノロジーの開発と現地実証に基づく輪作体系の確立
  • 課題ID:211-k.8
  • 予算区分:基盤
  • 研究期間:2007~2008年度
  • 研究担当者:松倉啓一郎、奥田 充、久保田健嗣、和田 節
  • 発表論文等:Matsukura K. et al. (2008) Appl. Entomol. Zool. 43: 535-540