品種詳細

ななしきぶ

なたね「ななしきぶ」は温暖地の栽培に適し、子実中にエルシン酸を含まない。成熟期は「オオミナタネ」よりやや遅く、「キザキノナタネ」より早い中生である。「オオミナタネ」より寒雪害抵抗性が強く、多収である。

主要特性

温暖地向けの無エルシン酸、多収品種の育成を目標に、無エルシン酸で成熟期が中生の「盛脂148」を母に、早生で多収な「オオミナタネ」を父として1991年度に人工交配を行い、以後、系統育種法により、選抜・固定を図り、育成した品種である。2001年度における世代は雑種第9代である。

  1. 成熟期は「オオミナタネ」よりやや遅く、「キザキノナタネ」より早い中生で、寒雪害抵抗性は「オオミナタネ」より強い。
  2. 草丈は「オオミナタネ」より長いが、耐倒伏性は「オオミナタネ」並~やや強い。
  3. 子実中にエルシン酸を含まず、「オオミナタネ」、「キザキノナタネ」に比べ、含油率がやや低い。
  4. 子実重は「オオミナタネ」に比べ、育成地で31%、採用予定県(滋賀県)で8%多い。

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
15258
(2002年12月 3日)
2003年9月 8日 13301
(2005年9月13日)
25年
(満了日:2030年9月13日)
交配組み合わせ 旧系統名
盛脂148 x オオミナタネ 東北91号

品種の利用許諾について