食品研究部門

食品機能評価ユニット

役割

超高齢社会の現代には、健康長寿を支える食生活が必要です。わたしたちは、健康を維持して、活力の低下を防ぎ、老化の予防に役立つような、食品の新しい(次世代型)健康機能性を明らかにするための研究を行っています。

主な研究テーマ

網羅解析技術を活用した食品の認知機能改善、健康維持機能の評価

動物モデルを使って、遺伝子発現の網羅解析(トランスクリプトミクス)などにより、老化予防や健康維持に働く機能性の総合的な評価を行っています。これまでにタマネギ等に含まれるケルセチンが食事による肥満やメタボリックシンドロームを予防するメカニズムを明らかにしました(図)。老化モデルマウスを用いて、加齢による認知機能の低下を改善する食品の研究にも取り組んでいます。
また他機関と連携して、食品のヒトでの有効性を明らかにする研究や、新たな機能性の探索を行っています。 (小堀)

ケルセチン高含有タマネギの認知機能改善効果

ニュートリゲノミクスデータのアーカイブ化と機能性評価への活用

ニュートリゲノミクス機能性評価データベース

タマネギ料理レシピ集

 

網羅解析でわかるケルセチンの機能
 

 

代謝成分に着目した次世代健康機能評価系の構築と食品開発

これまでの食品の健康機能の研究は、限定的な効果を見ている可能性がありました。私たちは代謝産物全体の動きをメタボロミクス(代謝産物の網羅解析)によって、食品の健康機能の包括的、実用的な評価系を開発するとともに、効果的に機能を発揮する食品成分の探索と食品の開発と食生活の提案を目指します。(木村)

食品の免疫老化抑制活性の評価系の構築

これまでに食品が免疫機能に及ぼす影響を解析して得られた知見を活用し、免疫など生体防御機能の老化を抑制できる食品の開発や食生活の提案に必要な研究に取り組んでいます。(後藤)

農作物等に含まれる生体防御機能に関与するタンパク質の解析

農作物や食品にはさまざまな機能を持つタンパク質が含まれています。これまでに、農作物や農作物を原材料とした食品等に含まれるアレルゲンの検出・同定や、その配列特性および免疫化学的特性、さらに、品種間におけるタンパク質群の差異を明らかにしてきました。また、主にプロテオミクス(タンパク質の網羅解析)により、農作物や食品中の生体防御機能に関与するタンパク質およびその変動を網羅的に検出する研究にも取り組んでいます。(佐藤)

時間栄養学に関する研究

われわれの持つ体内時計は、食事因子によって大きな影響を受けます。また、食事の効果も体内時計が示す時刻によって変化します。このような、食事と体内時計の関係を扱う学問を「時間栄養学」と呼び、近年、急速に知見が深まっています。われわれの研究室では、時間栄養学的な視点から、栄養素や食品成分と体内時計の関わりについて研究を行っています。(大池)

時間栄養学

食事と老化速度に関する研究

食事内容によって老化速度がどのように変化するのかを明らかにするため、マウスの加齢性難聴(マウスも歳をとると耳が遠くなる)を指標に、食事因子と老化速度の関係に関する研究を行っています。これまでに、乳酸菌H61株の摂取により、マウスの加齢性難聴の進行を抑制することを明らかにしました(大池)。

メンバー

ユニット長

小堀真珠子(こぼり ますこ)/ 専門:食品機能学、細胞生物学

上級研究員

木村俊之(きむら としゆき)/専門:分析学、機能性物質の分取技術開発、食品開発

後藤真生(ごとう まさお)/専門:食品免疫学

佐藤里絵(さとう りえ))/専門:植物分子生物学、食物アレルゲン

主任研究員

大池秀明(おおいけ ひであき)/専門:体内時計(時間栄養学)、老化(加齢性難聴)、味覚

 

メンバーの主要成果

トピックス:「ケルセチン高含有タマネギの認知機能改善効果
トピックス:「タマネギ料理レシピ集
トピックス:「糖とアミノ酸が朝のリズムを生み出す
トピックス:「高純度セラミドを工業的に連続生産する技術を開発

  • Oike H, Aoki-Yoshida A, Kimoto-Nira H, Yamagishi N, Tomita S, Sekiyama Y, Wakagi M, Sakurai M, Ippoushi K, Suzuki C, Kobori M. (2016) Dietary intake of heat-killed Lactococcus lactis H61 delays age-related hearing loss in C57BL/6J mice. Scientific Reports. 6:23556. [ダウンロード]
  • Kobori M, Takahashi Y, Sakurai M, Akimoto Y, Tsushida T, Oike H, Ippoushi K. (2016) Quercetin suppresses immune cell accumulation and improves mitochondrial gene expression in adipose tissue of diet-induced obese mice. Mol Nutr Food Res. 60(2):300-12. [ダウンロード]
  • Nishimuro H, Ohnishi H, Sato M, Ohnishi-Kameyama M, Matsunaga I, Naito S, Ippoushi K, Oike H, Nagata T, Akasaka H, Saitoh S, Shimamoto K, Kobori M. Estimated daily intake and seasonal food sources of quercetin in Japan. (2015) Nutrients. 7(4):2345-58. [ダウンロード]
  • Kobori M, Takahashi Y, Akimoto Y, Sakurai M, Matsunaga I, Nishimuro H, Ippoushi K, Oike H, Ohnishi-Kameyama M. (2015) Chronic high intake of quercetin reduces oxidative stress and induces expression of the antioxidant enzymes in the liver and visceral adipose tissues in mice. J Func Foods 15:551-560. 
  • Oike H, Sakurai M, Ippoushi K, Kobori M. (2015) Time-fixed feeding prevents obesity induced by chronic advances of light/dark cycles in mouse models of jet-lag/shift work. Biochem Biophys Res Commun 456(3):556-561.
  • S Sato, T Kimura, S Morita(2015)Temporal changes of tocochromanols in leaves and spikes of barley cultivars during the development of the caryopsis. Japan Agricultural Research Quarterly. 49:51-57.
  • 木村俊之(2015)擬似移動層クロマトグラフィーを用いた高純度米ぬか由来セラミドの分離技術. フレグランスジャーナル. 43:31-36
  • Goto M, Wakagi M, Shoji T, Takano-Ishikawa Y. (2015) Oligomeric procyanidins interfere with glycolysis of activated T cells. A novel mechanism for inhibition of T cell function. Molecules. 20(10),19014-19026. [ダウンロード]  
  • Kobori, M, Ni, Y. Takahashi, N. Watanabe, M. Sugiura, K. Ogawa, M. Nagashimada, S. Kaneko, S. Naito, T. Ota: β-Cryptoxanthin Alleviates Diet-Induced Nonalcoholic Steatohepatitis by Suppressing Inflammatory Gene Expression in Mice. PLoS ONE 9(5):e98294 (2014). [ダウンロード]
  • Oike H, Oishi K, Kobori M (2014) Nutrients, Clock genes, and Chrononutrition. Curr Nutr Rep. 3(3) [ダウンロード]
  • K. Nagai, T. Fukushima, H. Oike, M. Kobori: High glucose increases the expression of proinflammatory cytokines and secretion of TNFα and β-hexosaminidase in human mast cells. Eur. J. Pharmacol. 687(1-3), 39-45 (2012). [ScienceDirect]
  • M. Kobori, S. Masumoto, Y.Akimoto, H.Oike: Phloridzin reduces blood glucose levels and alters hepatic gene expression in normal BALB/c mice. Food Chem. Toxicol. 50(7):2547-53 (2012). [ScienceDirect]
  • 佐藤里絵: ソバに含まれるIgE結合タンパク質に関する研究. 日本食品化学学会誌. 19(3),172-177 (2012)
  • Goto M, Takano-ishikawa Y, Nishimoto M, and Kitaoka M(2012) Effect of lacto-N-biose I on the antigen-specific immune responses of naïve splenocytes. Biosci. Microbiota. Food. Health. 31(2), 47-50 [ダウンロード]
  • H. Oike, K. Nagai, T. Fukushima, N. Ishida, M. Kobori: Feeding Cues and Injected Nutrients Induce Acute Expression of Multiple Clock Genes in the Mouse Liver. PLoS ONE. 6(8): e23709. Aug 25 (2011).  [ダウンロード]
  • H. Oike, M. Kobori, T. Suzuki, N. Ishida: Caffeine lengthens circadian rhythms in mice. Biochem Biophys Res Commun. 410(3), 654-658 (2011).
  • M. Kobori, S. Masumoto, Y. Akimoto, H. Oike: Chronic dietary intake of quercetin alleviates hepatic fat accumulation associated with consumption of a Western-style diet in C57/BL6J mice. Mol. Nutr. Food Res. 55(4), 530-540 (2011).
  • R. Satoh, Rika Nakamura, Akira Komatsu, Masahiro Oshima, Reiko Teshima: Proteomic analysis of known and candidate rice allergens between non-transgenic and transgenic plants. Regul. Toxicol. Pharmacol. 59(3),437-444 (2011)
  • 佐藤里絵, 中村里香, 手島玲子: イムノプロテオミクス手法を用いたソバIgE結合タンパク質の網羅的検出. 日本食品化学学会誌. 18(2),103-109 (2011)

 

 


法人番号 7050005005207