家畜伝染病

ブルセラ病(brucellosis)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:牛、水牛、鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし

1.原因

 

 BrucellaceaeBrucella属菌のうちスムース型のB. abortusB. melitensisB. suis、およびラフ型のB. ovisを原因とする。Brucella属菌はグラム陰性、通性細胞内寄生菌小桿菌で菌種毎に宿主特異性が高い。分類学上はB. melitensis 1菌種とされたが、異論も多く通常は従来の菌種名を使用できる。

 

 

2.疫学


 雌は妊娠後期、雄は性成熟後に感受性が高まる。B. abortusB. melitensis感染症は世界中で発生があるが、国内の牛は現在本病フリーと考えられる。

 

 

3.臨床症状


 流産が主体で時に精巣炎による不妊。豚では関節炎・脊椎炎も多い。B. ovisではヒツジの精巣上体炎が主。妊娠していない雌、性成熟前の雄は感染しても無症状。

 

 

4.病理学的変化


 肉眼病変はリンパ節、乳房、精巣等の巣状肉芽腫。精巣炎では壊死巣が融合し実質全体が病巣となる。B. suisでは肉芽腫の凝固性壊死が顕著で、関節炎、骨髄炎も多い。B. ovisでは精巣上体の腫脹が主。肉芽種病巣はマクロファージ、リンパ球、プラズマ細胞、好中球からなる。

 

 

5.病原学的検査


 確定診断は原因菌の分離同定による。流産胎児胃内容、流産牛の膣スワブ、抗体陽性牛の乳汁、解剖時の子宮、乳房、精巣、頭部・乳房・生殖器の各リンパ節、脾、その他の病巣を無菌的に採材する。血清加寒天平板に接種し、CO2培養する。通常2日後から微小な集落が出現し4日後には直径1〜2mmのスムース型半透明集落を作る。疑わしい集落をグラム染色およびPCRでスクリーニング後、専門機関で菌種や生物型の同定を行う。

 

 

6.抗体検査


 牛は個体診断が可能。めん羊、山羊、豚の個体診断は困難。わが国では搾乳牛、種雄牛、同居牛については5年に1回以上の抗体検査が義務づけられ、急速平板凝集反応によるスクリーニング後、試験管凝集反応と補体結合反応を組合わせて診断する。海外ではELISAキットも市販される。なお、国内の検査に使用される試験管凝集反応用菌液、及び補体結合反応用抗原は動物衛生研究所で製造している。

 

 

7.予防・治療


 わが国では分離培養または血清反応で患畜とされた動物は法律に基づき殺処分する。汚染度の高い国ではワクチンの接種と摘発淘汰が併用される。通常治療はしない。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 ブルセラ病・発生情報(2004年以前)

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals 2013
   ・ブルセラ病(牛)
   ・ブルセラ病(豚)
   ・ブルセラ病(山羊・羊) Brucella ovis
   ・ブルセラ病(山羊・羊) Brucella ovis 以外

 OIE: Terrestrial Animal Health Code (2013)
   ・ブルセラ病(牛)
   ・ブルセラ病(豚)
   ・ブルセラ病(山羊・羊) Brucella ovis
   ・ブルセラ病(山羊・羊) Brucella ovis 以外


編集:動物衛生研究所・動物疾病対策センター・疫学情報室、文責:動物疾病対策センター、今田由美子

(平成24年11月1日 更新)

ページの先頭へ↑