動衛研トップ > 疾病情報 > 家畜の監視伝染病 > 届出伝染病 > 豚繁殖・呼吸器障害症候群
届出伝染病

豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS: porcine reproductive and respiratory syndrome)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:豚、いのしし

1.原因

 

 原因となる豚繁殖・呼吸障害症候群ウイルス(PRRSV: porcine reproductive and respiratory syndrome virus)は、アルテリウイルス科、アルテリウイルス属に分類される。PRRSVは約15.1〜15.4 kbのプラス一本鎖RNAをゲノムとして有し、北米型と欧州型の二つの遺伝子型に大別される。

 

 

2.疫学


 新興感染症として認識されてから20年余りでPRRSVは世界中に拡散し、我が国でも北米型および欧州型の両遺伝子型の分布が確認されている。ウイルスは全ての日齢の豚に感染し、感染が成立した生産ステージにより多様な病態を示す。鼻汁、唾液、尿、糞便、精液などの体液に多量のウイルスが排泄され、接触、飛沫および交配による水平感染や垂直感染、そして隣接する農場等では風による伝播が成立する。

 

 

3.臨床症状


 PRRSは母豚の異常産を主とする繁殖障害と子豚の呼吸器障害を主徴とし、慢性疾病としての認識が一般的である。母豚に対する病原性は、主に妊娠後期の流死産が特徴であり、産子は、正常、虚弱、白子、黒子が入り混じる。哺乳豚に対する病原性は、虚弱、呼吸困難、開脚姿勢等を示し、離乳後から肥育の生産ステージでは、食欲不振、咳を伴わない呼吸困難、被毛粗剛、増体率の減少、死亡率の上昇が認められる。不顕性感染も多くみられるが、免疫担当細胞に感染することから、他の様々な病原体と混合感染し、病態を悪化させる。

 

 

4.病理学的変化


 感染豚の肺は全体に硬結感があり、組織学的には全葉性の間質性肺炎が認められる(写真1)。異常産子においては、特徴的な病理所見は認められない。

 

 

5.病原学的検査


 感染豚の肺、扁桃、血清などを材料とし、豚肺胞マクロファージやMARC-145細胞を用いたウイルス分離、免疫組織化学染色法による抗原検出(写真2)、RT-PCR法およびリアルタイムRT-PCR法による遺伝子検出が用いられる。PCR-RFLPによる遺伝子型の判別も実施されることがある。

 

 

6.抗体検査


 抗体は感染後速やかに上昇し、長期間継続して検出されるために有用である。ELISA法、MARC-145細胞を用いた間接蛍光抗体法(IFA)(写真3)、ペルオキシダーゼ抗体法(IPMA)が用いられる。

 

 

7.予防・治療


 被害を確実に防止する方法は確立されておらず、最良の予防法は農場へのウイルスの侵入を防止することである。陽性農場における被害軽減のためには、母豚への免疫付与、農場内バイオセキュリティーの向上、豚群のコントロールによる感染環の遮断等の総合的な飼養衛生管理の徹底が求められる。また、北米型弱毒生ワクチンが病態の軽減を目的として市販されている。他の病原体の対策を講じることによって、混合感染による被害を軽減することも重要である。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 豚繁殖・呼吸障害症候群・発生情報(2004年以前、2007年、2008年)


 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals 2013

 高病原性PRRSに関する情報


 

10.その他

PRRSウイルス遺伝子解析ツール

豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)の系統樹作成法 [PDF形式]

MEGA 5を用いた塩基配列解析法および分子系統樹作成法Ver.1 [PDF形式]

日本のPRRSV [テキスト形式]

RT-PCRの例 [Excel形式]


本ツールの利便性向上のために、ご利用になられた方はご意見やご要望をお寄せください。
ご協力よろしくお願いいたします。

ウイルス・疫学研究領域
井関 博(e-mail : hiseki@affrc.go.jp)


PRRS肺炎野外症例 肺胞中隔の肥厚した間質性肺炎 PRRS肺炎野外症例 肺胞マクロファージ内のPRRSウイルス抗原 IFAにより検出したPRRSV特異抗体。
写真1:PRRS肺炎野外症例 肺胞中隔の肥厚した間質性肺炎 写真2:PRRS肺炎野外症例 肺胞マクロファージ内のPRRSウイルス抗原 写真3:IFAにより検出したPRRSV特異抗体。

編集:動物衛生研究所動物疾病対策センター疫学情報室、文責:ウイルス・疫学研究領域、井関 博

(平成24年9月3日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑