家畜伝染病

ピロプラズマ病(piroplasmosis)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:牛、水牛、鹿、馬

1.原因

 

 ピロプラズマ病は胞子虫綱、ピロプラズマ目のバベシア科およびタイレリア科に属する原虫によって引き起こされる伝染病である。監視伝染病の対象となっている病原体は、バベシア・ビゲミナ(Babesia bigemina)、バベシア・ボビス(Babesia bovis)、バベシア・エクイ(Babesia equi)、バベシア・カバリ(Babesia caballi)、タイレリア・パルバ(Theileria parva)、タイレリア・アヌラタ(Theileria annulata)である。

 

 

2.疫学


 監視伝染病の対象となっている動物は牛、馬、水牛、鹿である。バベシア・ビゲミナ、バベシア・ボビスは牛、水牛および鹿を宿主とし、中南米、東南アジア、アフリカ、豪州東部など広い範囲に分布、オウシマダニをはじめとするウシマダニ属のマダニによって媒介される。バベシア・ビゲミナによるものはTick Fever(ダニ熱)という名で呼ばれている。タイレリア・パルバは牛および水牛を宿主とし、アフリカに分布、コイタマダニ属のマダニによって媒介される。特にアフリカの東海岸で猛威を振るっていることからEast Coast Fever(東海岸熱)という名で恐れられている。タイレリア・アヌラタはアフリカ、アジア、欧州など広い範囲に分布、主として牛を宿主とし、イボマダニ属のマダニによって媒介される。バベシア・エクイ、バベシア・カバリは馬、ロバなどを宿主とし、中南米、アジア、アフリカなどに分布、カクマダニ属、イボマダニ属、コイタマダニ属のマダニによって媒介される。
 いずれの原虫もダニによって媒介されるため、媒介ダニ分布地域に一致してそれぞれの病気が発生する。牧野の媒介ダニを撲滅することは困難であるため、各国において大きな被害が出ている。わが国では過去に沖縄県においてバベシア・ビゲミナおよびバベシア・ボビスの発生が見られたが、1993年の発生以降報告はない。

 

 

3.臨床症状


 主な臨床症状として、バベシア・ビゲミナ、バベシア・ボビスは発熱、貧血、黄疸および血色素尿であり、若齢牛よりも成牛において致死率は高い。タイレリア・パルバでは発熱とリンパ節の腫脹であり、成牛よりも若齢牛において感受性が高く、致死率は非常に高い。タイレリア・アヌラタでは発熱とリンパ節の腫脹がみられ、致死率が高い場合もある。バベシア・エクイ、バベシア・カバリでは発熱、貧血、黄疸がみられ、死亡することもある。

 

 

4.病理学的変化


 バベシア・ビゲミナでは全身性の貧血および黄疸が著明で、膀胱内には暗赤色の血色素尿を貯留する。皮下織、漿膜下織、筋肉および結合織には浮腫が認められる。脾臓、肝臓および腎臓は腫大し、胆嚢内には濃緑色泥状胆汁の貯留が認められる。バベシア・ボビスではこれらの変化に加え、実質臓器の毛細血管内は原虫寄生赤血球で満たされることにより循環障害による諸臓器不全をきたすが、とくに大脳皮質の毛細血管でのそれが著しく、神経症状を呈することから脳性バベシア症と呼ばれている。タイレリア・パルバでは各種リンパ節の腫大と肺の水腫、充血および気腫、タイレリア・アヌラタではリンパ節、脾臓および肝臓の腫大、腎梗塞および肺水腫が特徴的である。バベシア・エクイ、バベシア・カバリでは顕著な黄疸が全身性にみられる。

 

 

5.病原学的検査


 発症時の診断はいずれも臨床症状と血液塗抹標本の鏡検により赤血球内原虫を確認することによって可能であるが、タイレリア・パルバでは耳下腺下または浅頸リンパ節からのマクロシゾントの検出、タイレリア・アヌラタでは腫脹している体表リンパ節からマクロシゾント、ミクロシゾントおよびミクロメロゾイトの検出による。

 

 

6.抗体検査


 病原体によって、間接蛍光抗体法、CF反応、ゲル内拡散沈降反応、間接血球凝集反応、毛細管凝集反応、カード凝集反応およびスライド凝集反応などが実施されている。

 

 

7.予防・治療


 これらの病気はダニによって媒介されるため、基本的にはダニ駆除が最も重要である。また、汚染地域から導入された動物の原虫保有はもちろん、体表に付着するダニについても十分な注意が必要である。治療薬としては、バベシア原虫に対してはジアミジン製剤のガナゼックやイミドカルブ(海外のみ)、タイレリア原虫に対してはテトラサイクリン系の抗生物質やナフトキノン製剤のパルバコン、ブパルバコン(ともに海外のみ)が効果を示す。これらの抗原虫剤の投与とともに、補液や栄養補給などの対症療法も欠かせない。予防法は、いずれの原虫においても現在のところ有効なワクチンが開発されていないため、発生地では媒介ダニの駆除および感染血液を利用した免疫付与が行われている。後者においては発症の被害を少なくするために、急速継代によって弱毒化した原虫株を用いたり、感染と同時に治療薬を投与するなどの工夫がなされている。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)、馬の感染症第3版(JRA総研)

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals

 OIE: Terrestrial Animal Health Code

 OIE: Technical disease cards

バベシア・ビゲミナ バベシア・ボビス バベシア・エクイ バベシア・カバリ
写真 1
バベシア・ビゲミナ
写真 2
バベシア・ボビス
写真 3
バベシア・エクイ
写真 4
バベシア・カバリ

編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:細菌・寄生虫研究領域 寺田 裕

ページの先頭へ↑