届出伝染病

牛バエ幼虫症(hypodermosis)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:牛、水牛

1.原因

 

 双翅目ヒツジバエ科のウシバエ(Hypoderma bovis)およびキスジウシバエ(Hypoderma lineatum)の幼虫。

 

 

2.疫学


 本症は北半球に広く発生が見られ、わが国では北海道で初発生が見られて以来、青森、熊本などでも報告されたが、1997年5月鹿児島での発生以後はない。

 

 

3.臨床症状


 牛体背部に腫瘤孔、組織溶解、出血、壊死、痒覚、皮膚炎がみられる。幼虫の脊髄迷入による運動障害や死滅虫体によるアナフィラキシーショックがみられることがある。

 

 

4.病理学的変化


 牛体背部に腫瘤孔、組織溶解、出血が見られ、病変部から虫体が検出される。

 

 

5.病原学的検査


 腫瘤孔から摘出した幼虫の形態学的同定。

 

 

6.予防・治療法


 牛の皮膚に寄生している幼虫が牛体を離れる以前に殺虫剤で殺滅する。秋季の有機リン剤の全身散布やイベルメクチン製剤の皮下注射などが有効である。また、殺滅した幼虫は可及的早急に摘出することが望ましい。

 

 

7.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

8.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)、病性鑑定マニュアル第3版(全国家畜衛生職員会)


編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:細菌・寄生虫研究領域 辻 尚利

(平成24年9月3日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑