届出伝染病

イバラキ病(Ibaraki disease)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:牛、水牛

1.原因

 

 レオウイルス(Reoviridae)科、オルビウイルス(Orbivirus)属、シカ流行性出血病ウイルス(epizootic hemorrhagic disease virus:EHDV)群に属するイバラキウイルス。10分節からなる2本鎖RNAをゲノムに持つ。遺伝学的・血清学的にEHDV血清型2に含まれる。1997年に発生したイバラキ病と死流産は、当初本ウイルスの変異株が原因とされていたが、現在ではEHDV血清型7に属する新しい株によるものであったことが判明している。

 

 

2.疫学


 ウイルスは吸血昆虫(主に体長1〜3mmほどのヌカカ)によって媒介され、牛、水牛に伝播する。ウイルスの流行には季節性(夏〜秋)がある。発生地域は関東地方以南に限られている。牛から牛への接触感染はない。

 

 

3.臨床症状


 ブルータングに類似する。軽度の発熱とともに、食欲不振、流涙、結膜充血・浮腫、泡沫性流涎、鼻腔・口腔粘膜の充血・鬱血・潰瘍、蹄冠部の腫脹・潰瘍、跛行等がみられる。その後、発症牛の約5%に食道麻痺・咽喉頭麻痺・舌麻痺による嚥下障害が発生する。1997年にはEHDV血清型7の株の感染により、これらイバラキ病の典型的症状に加えて死流産もみられている。

 

 

4.病理学的変化


 上部消化管(舌から胃にかけて)の出血や水腫が著明である。嚥下障害の場合、食道の漿膜から筋層にかけて充・出血、浮腫がみられる。また、食道、咽喉頭および舌の横紋筋に硝子様変性がみられる。死流産胎子には特に病理学的変化は認められない。

 

 

5.病原学的検査


 発病初期または発熱時の血液を材料とし、ウイルス分離を行う。ヘパリン化血液を血球・血漿に分け、血球をリン酸緩衝液で3回洗浄して凍結融解後、培養細胞に接種する。RT-PCR法によるゲノムの検出も補助的診断法として有用。死流産の場合は胎子血液や臓器乳剤を材料として同様の検査を行う。

 

 

6.抗体検査


 中和試験、寒天ゲル内沈降反応等。

 

 

7.予防・治療


 生ワクチンあるいは不活化ワクチンの接種(ウイルス流行期前に完了する)により予防。現在1997年の発生を機に新しいワクチンが開発中である。嚥下障害発症牛に対しては、補液および誤嚥性肺炎の防止のための対症療法を行う。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)

 OIE: Technical disease cards


編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:ウイルス・疫学研究領域 山川 睦

(平成24年6月20日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑