届出伝染病

あひる肝炎(duck virus hepatitis)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:あひる

1.原因

 

 ピコルナウイルス科(Picornaviridae)、アビヘパトウイルス属(Avihepatovirus)に属するあひるA型肝炎ウイルスおよびアストロウイルス科(Astroviridae)、アバストロウイルス属(Avastrovirus)に属するあひるアストロウイルス。あひるA型肝炎ウイルスはあひる肝炎ウイルス1型、あひるアストロウイルスはあひる肝炎ウイルス2型、3型。3型はピコルナウイルスとされてきたが、ゲノム配列からアストロウイルスに分類された。

 

 

2.疫学


 1型はあひるを飼育している国で広く発生する。2型はイギリス、3型はアメリカ合衆国で確認されている。日本では1型が1962〜63年に発生したが、その後認められていない。4週齢未満のヒナのみが発症する。主に接触・経口感染で伝播する。

 

 

3.臨床症状


 潜伏期は1日で感染後は甚急性経過を取り、3〜4日で死亡する場合が多い。症状としては、感染鳥は目を閉じ、うずくまったり、横たわり、痙攣のようにキックし、反り返り死亡する。致死率は1型の場合、1週齢未満で95%、1〜3週齢で50%程度であり、4〜5週齢では低くなる。2型では、ヒナの日齢により10〜50%であるが、発症すればたいてい死亡する。3型では、30%以下である。

 

 

4.病理学的変化


 肉眼的には、肝臓腫大または斑状出血が観察される。組織学的には肝細胞の増殖、小葉間胆管上皮の増殖、出血、細胞浸潤など。

 

 

5.病原学的検査


 臨床・疫学検査と、肝臓、血液などをアヒル卵に接種してウイルスを分離する。1型と2型は発育鶏卵でも分離できる。

 

 

6.抗体検査


 経過が甚急性のため有効ではない。

 

 

7.予防・治療


 ひなが感染することから孵化後の衛生管理が重要である。1型では弱毒生ワクチンや不活化ワクチンがあるが、日本では認可されていない。2型、3型にはワクチンはない。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)、鳥の病気第7版(鶏病研究会)

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals

 OIE: Terrestrial Animal Health Code


編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:ウイルス・疫学研究領域 真瀬昌司

(平成24年9月3日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑