届出伝染病

アカバネ病(Akabane disease)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:牛、水牛、めん羊、山羊

1.原因

 

 ブニャウイルス科(Bunyaviridae)、オルソブニャウイルス(Orthobunyavirus)属、アカバネウイルス(Akabane virus)。ゲノムは単鎖のマイナスRNAで、3本の分節で構成。ウイルス粒子はエンベロープを持ち、大きさは直径90〜100nm。

 

 

2.疫学


 アカバネウイルスは当初、キンイロヤブカ(Aedes vexans)およびコガタアカイエカ(Culex tritaeniorhynchus)から分離されたが、その後の媒介昆虫の調査の結果、我が国ではウシヌカカ(Culicoides oxystoma)(図1)が主要なベクターになっていると考えられる。オーストラリアではオーストラリアヌカカ(C. brevitarsis)、中東ではC. imicola がアカバネウイルスを媒介する。アカバネウイルスは、偶蹄類などの大型、中型動物に広く感染する。九州以北では、夏から秋にかけてウイルスの伝播が起こり、冬期には終息する。胎子感染による死産や先天異常を持った子牛の分娩は、伝播が起こった年の冬から翌年の春にかけてみられる。分離ウイルスの遺伝子解析から、複数の遺伝型が日本に入れ替わりに侵入し、一過性の流行を繰り返していると考えられている。

 

 

3.臨床症状


 アカバネウイルスは、牛、めん羊、山羊に病原性を示す。妊娠動物が感染すると、流産、早産、死産または、四肢の関節彎曲や脊柱彎曲などの体形異常や、水無脳症(大脳欠損症)などの中枢神経異常を伴う先天的な奇形がみられる。これらの症状をまとめて「異常産」と呼称している。しかし、感染した妊娠動物がすべて発症するわけではない。また、流行株によっては、生後感染により子牛や育成牛に脳脊髄炎を起こし、発症牛の多くで後肢あるいは前肢の麻痺を伴う起立不能や運動失調などの神経症状が観察される。

 

 

4.病理学的変化


 アカバネウイルスが胎齢初期に感染すると非化膿性脳脊髄炎と多発性筋炎がみられ、その程度が重篤な場合は、胎子が死亡し、流産、死産あるいはミイラ変性を起こす。胎子が死亡しない場合、水無脳症や神経組織間の空隙の形成、脊髄腹角の神経細胞の減少など、2次的な病変が生じる。また、中枢神経の損傷や多発性筋炎が原因となり、関節彎曲症が起こる。また、生後感染により子牛で神経症状を呈した場合には、非化膿性脳脊髄炎が認められる。

 

 

5.病原学的検査


 流産や死産の発生、あるいは非化膿性脳炎を起こした子牛など、ウイルス感染から時間が経過していない場合は、胎子の血液や脳脊髄乳剤あるいは臓器乳剤や腹水、胸水などの新鮮な材料を、乳のみマウスの脳内あるいはハムスター由来のHmLu-1細胞、BHK-21細胞に接種し、ウイルス分離を行う。また、胎子の脳あるいは筋肉の凍結切片から、蛍光抗体によりウイルス抗原の検出を行う。最近では、ホルマリン固定した材料を用いて、免疫組織化学的染色により、ウイルス抗原の検出が可能になった。

 

 

6.抗体検査


 異常子牛が初乳未摂取の場合、血清中の抗体の有無を中和試験などにより判定する。また、市販のELISAキットによって、アカバネウイルスに対する抗体を検出することができる。

 

 

7.予防・治療


 市販されている生ワクチン、もしくは不活化ワクチンを媒介昆虫の活動が活発になる夏前に接種する。殺虫剤や忌避剤等を用いた媒介昆虫対策は、予防効果が完全とはいえない。治療法はない。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 アカバネ病・発生情報(1998〜2005年、2006年〜2008年・生後感染、胎子感染を掲載)

 アカバネ病:2006年・生後感染、胎子感染・発生情報:家畜衛生週報、No.2949、110 (2007);No.2953、140 (2007)

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals 2013

 おとり牛を用いたアカバネ病等の抗体調査

 平成18年9月以降に確認されたアカバネ病の状況と今後の対策:家畜衛生週報、No.2947、91-94 (2007.4.2)

 アカバネウイルス野外分離株の分子疫学的解析:平成18年度 動物衛生研究成果情報

 アカバネウイルスによる牛の脳脊髄炎とその診断法:平成20年度 動物衛生研究成果情報


左・コガタアカイエカ、右・ウシヌカカ(原図:動物衛生研究所・梁瀬 徹氏)
図1:左・コガタアカイエカ、右・ウシヌカカ

編集:動物衛生研究所動物疾病対策センター疫学情報室、文責:温暖地疾病研究領域 梁瀬 徹

(平成24年6月20日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑