届出伝染病

萎縮性鼻炎(atrophic rhinitis of swine)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:豚、いのしし

1.原因

 

 Bordetella bronchiseptica および毒素産生性Pasteurella multocida

 

 

2.疫学


 B. bronchiseptica は豚の鼻腔に容易に定着して鼻粘膜に炎症を導き、産生される皮膚壊死毒(DNT)の作用により幼若豚の鼻甲介骨形成を阻害する。P. multocida は正常な鼻粘膜には定着せず、B. bronchiseptica 感染などに起因する粘膜の損傷により、定着が可能となる。毒素産生株の産生する毒素(PMT)はDNTに類似の毒素作用を有し、病変形成を加速するとともに本病の症状を著しく悪化させる。

 

 

3.臨床症状


 感染時の日齢が低いほど強い症状を発現する。発病の初期にはくしゃみ、鼻汁(漿液性)の漏出、鼻づまりなどがみられる。鼻汁が粘液膿性になると鼻づまりが著しくなり、くしゃみを頻発し、しばしば鼻出血がみられる。涙管の狭窄あるいは閉塞により流涙がみられ、内眼角下部の皮膚に黒褐色の斑点(アイパッチ)が生ずる。発病後1か月を過ぎると、鼻梁の側方湾曲(鼻曲がり)、鼻梁背側の皮膚の皺襞形成など、顔面の変形が明らかになる。

 

 

4.病理学的変化


 病変は呼吸器に限定される。本病に特徴的な鼻甲介の形成不全あるいは萎縮を除けば、肉眼的変化に乏しい。組織学的には、上皮細胞の変性・剥離と線毛の脱落、上皮の過形成と化成、固有層および粘膜下組織における細胞浸潤と線維芽細胞の増生など、鼻粘膜にカタル性炎像がみられる。骨組織では骨芽細胞の変性・壊死、類骨形成の阻害など、造骨機構の抑制がみられ、毒素産生性 P. multocida の感染が加わると、破骨細胞の増生に伴う活発な骨融解により、激しい病変が導かれる。

 

 

5.病原学的検査


 鼻腔分泌液を血液寒天およびMacConkey寒天に塗抹し、好気培養する。B. bronchiseptica の分離率のピークは生後3〜4か月ころにあり、6か月齢以上の豚からは検出されにくい。P. multocida が分離された場合には、毒素産生能についても調べる必要がある。

 

 

6.抗体検査


 B. bronchiseptica 莢膜抗原に対する血清抗体を凝集反応により検出することができる。毒素産生性P. multocida の感染を検出する有効な血清診断法はない。

 

 

7.予防・治療


 種々のワクチンが使用されている。治療薬としてはサルファ剤、テトラサイクリン系抗生物質、カナマイシンなどが使用される。本病は保菌豚の導入により持ち込まれることが多く、清浄な農場から豚を導入することが極めて重要である。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)

 最近の家畜衛生をめぐる情勢について:農林水産省・消費・安全局・動物衛生課(平成23年10月)

<em>Bordetella bronchiseptica</em> のコロニー <em>Bordetella bronchiseptica</em> のグラム染色 萎縮性鼻炎の鼻甲介の病変・左(正常)、右(発病豚)
写真1:Bordetella bronchiseptica のコロニー(原図:元動物衛生研究所、石川 整氏) 写真2:Bordetella bronchiseptica のグラム染色(原図:元動物衛生研究所、石川 整氏) 写真3:萎縮性鼻炎の鼻甲介の病変・左(正常)、右(発病豚)(原図:元動物衛生研究所、石川 整氏)

編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:動物疾病対策センター 石川 整

(平成29年9月21日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑