届出伝染病

オーエスキー病(Aujeszky's disease, 仮性狂犬病;pseudorabies)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:豚、いのしし

1.原因

 

 原因はDNA型ウイルスのヘルペスウイルス科、アルファヘルペスウイルス亜科、ヴァリセロウイルス属、のオーエスキー病ウイルスで、ゲノムは約143 kbpの線状二本鎖DNAで1対の倒置反復配列がある。抗原的には単一で血清型はなく遺伝子型もないが、制限酵素による切断ゲノムに多型性がみられ、大まかな遺伝子型別に利用される。

 

 

2.疫学


 豚が宿主であるが、牛や山羊等反芻家畜の他、犬や猫等にも感染する。豚では潜伏感染が成立し、ウイルスは容易に検出されなくなるものの感染豚から生涯消失することはない。潜伏感染豚に妊娠や輸送等でストレスが加わるとウイルスの再活性化が起こり、感染源となる。豚及び豚以外の動物への感染は感染源との接触や摂取により成立する。

 

 

3.臨床症状


 妊娠豚に感染すると母豚はほとんど無症状に経過するが、胎児は死流産する。また、生後1週間までの新生豚に感染すると神経症状を呈してほぼ100%死亡する。豚の加齢に伴い死亡率は減少し、2週齢では50%、3週齢では25%と1週間毎に半減していく。しかし、初感染の場合は週齢・月齢にかかわらず発熱や食欲不振など元気消失の兆候が少なからずみられる。豚以外の動物では感染しにくいものの、感染すると掻痒を呈して100%死亡する。

 

 

4.病理学的変化


 特徴的な病理学的変化はみられず、肉眼的病変としてはわからない。神経症状を呈して死亡した動物では非化膿性脳脊髄炎像が顕著にみられる。組織学的には神経の病変部や扁桃、呼吸器官においてウイルス増殖の証しとして好酸性核内封入体がみられる。

 

 

5.病原学的検査


 発症動物、死亡動物からのウイルス分離は容易である。それら動物の鼻汁スワブ、扁桃や脳乳剤等を分離材料とし、豚をはじめ種々の動物由来の培養細胞に接種する。ただし、ウイルス血症を起こさないために血液からのウイルス分離はできない。接種半日から1日で明瞭な細胞変性効果を伴って増殖してくる。潜伏感染豚からのウイルス分離はほぼ不可能である。PCRによるゲノム遺伝子の検出も可能ではあるが、GC含量が多いため増幅は困難である。

 

 

6.抗体検査


 ラテックス凝集反応及びELISAによる抗体検出キットが市販されている。ELISAにはウイルス抗体の有無を調べるものの他、野外感染抗体とワクチン抗体とを識別する目的のものがある。中和試験も行われ、市販キットと異なり抗体の定量が可能である。また血清を被検体とする間接蛍光抗体法は定量こそできないが特異性の高い方法である。

 

 

7.予防・治療


 予防にはワクチンが使用されるが、ワクチン使用を含め本病防疫に関してはオーエスキー病防疫対策要領に従う必要があり、市町村単位で清浄地域、準清浄地域、清浄化推進地域の3地域に区分し防疫が進められている。使用可能なワクチンは識別マーカー(糖蛋白質欠損)をもち、かつ、抗体識別キットが利用・有効であるものとされている。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

  オーエスキー病・発生情報(2004年以前、2007年、2008年)

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals 2013

 オーエスキー病の防疫対策等について(参考):家畜衛生週報、2931、373、2006


編集:動物衛生研究所・疾病対策センター・疫学情報室、文責:国際重要伝染病研究チーム、山田俊治

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑