届出伝染病

牛流行熱(bovine ephemeral fever)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:牛、水牛

1.原因

 

 ラブドウイルス科、エフェメロウイルス属に分類される牛流行熱ウイルス(bovine ephemeral fever virus)。ゲノムは1本鎖(-)RNAであり、ウイルス粒子は長さ90〜180nm、直径約80nmの弾丸型の形状をもち、エンベロープを有する。

 

 

2.疫学


 日本、台湾、中国、韓国、インドネシア、オーストラリア、中東、アフリカ諸国の熱帯〜温帯にかけて牛や水牛に発生がみられる。ウイルスは蚊やヌカカによって媒介されるため、発生には季節性がある。我が国では1949〜1951年に大規模な流行があり、その後も主に西日本において周期的な流行を繰り返してきた。しかし、近年では流行が限局的であり、頻度も少ない。2001年と2004年には沖縄で発生がみられたが、我が国の九州以北では約20年間本病の発生がない。発症率は一定でなく、数%〜100%と幅がある。死亡率は1%以下である。

 

 

3.臨床症状


 発症牛では突発的な発熱(41〜42℃)がみられるが、その後1〜2日程度で回復することが多い。また、元気消失、食欲低下、呼吸促拍、流涙、流涎、四肢の関節痛や浮腫による歩行困難、起立不能、筋肉の振戦、反芻停止、乳量低下ないし泌乳停止などの症状を呈するが、解熱に伴って回復することが多い。

 

 

4.病理学的変化


 肺における間質性気腫、充血、水腫がみられることがあり、重症例では肺全体が膨張し、伸縮不能となって死亡することがある。また、上部気道粘膜(鼻腔、咽喉頭、気管)の充出血、関節の滑膜炎、リンパ節炎などが知られている。

 

 

5.病原学的検査


 ウイルスの分離材料として、発症牛や同居牛の血液を使用する。分離材料を培養細胞(HmLu-1、BHK-21、Vero)あるいは乳のみマウス脳内への接種し、中和試験や蛍光抗体法によってウイルスの同定を行う。

 

 

6.抗体検査


 中和試験により血清学的診断を行う。

 

 

7.予防・治療


 不活化ワクチンによる予防を行う。流行が始まる前に免疫が付与されるよう、ワクチン接種を完了させておく。治療は対症療法のみ。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 おとり牛を用いたアカバネ病等の抗体調査:牛流行熱ウイルス

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)


編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:温暖地疾病研究領域 白藤浩明

(平成24年6月20日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑