家畜伝染病

腐蛆病(foul brood)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:蜜蜂

1.原因

 

 腐蛆病はミツバチの幼蛆を侵す疾病で、グラム陽性の有芽胞桿菌であるアメリカ腐蛆病菌:Paenibacillus larvae(ペニバシラス ラーべ)によるアメリカ腐蛆病、グラム陽性槍先状レンサ球菌のヨーロッパ腐蛆病菌:Melissococcus plutonius(メリソコッカス プルトニウス)によるヨーロッパ腐蛆病が家畜伝染病に指定されている。

 

 

2.疫学・臨床症状


 アメリカ腐蛆病は、アメリカ腐蛆病菌の芽胞がミツバチの幼蛆に経口感染し、敗血症死を引き起こす。アメリカ腐蛆病は幼蛆が存在する期間はいつでも発生し、有蓋蜂児が主に死亡し、粘稠性で茶褐色の腐蛆、巣房蓋の陥凹や小孔がみられ、時に膠臭がある。

 ヨーロッパ腐蛆病は、ヨーロッパ腐蛆病菌に汚染されたミツ、花粉などをミツバチの幼虫が給餌され感染する。ヨ−ロッパ腐蛆病は、流密時に多発する傾向があり、無蓋蜂児が主に死亡し、透明なコイル状蜂児、乳白色で水っぽい腐蛆がみられ、時に酸臭がある。時に有蓋蜂児が死亡し、アメリカ腐蛆病と似た症状を呈することもあるため、診断には注意を要する。

  

 

3.病原学的検査


 アメリカ腐蛆病:腐蛆をニグロシンまたは墨汁染色して多数ある芽胞を確認するとともに、J寒天培地を用いてアメリカ腐蛆病菌を分離培養する。また、アメリカ腐蛆病菌の強いタンパク分解能を利用したミルクテストも有効である。

 ヨーロッパ腐蛆病:腐蛆をBaileyの培地、KSBHI培地を用いて、嫌気下で分離培養する。従来、ヨーロッパ腐蛆病菌はBHI培地には発育しないとされていたが、我が国ではBHI培地に発育する株もしばしば分離される。本菌の同定にはヨーロッパ腐蛆病菌特異的PCRが利用できる。

 

 

4.予防・治療


 腐蛆病の発生蜂群は焼却し、本病の蔓延を防止する。アメリカ腐蛆病の予防は抗生物質製剤(ミロサマイシン)が実用化されている。

 

 

5.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 腐蛆病・発生情報(2004年以前)

 

 

6.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals 2013
   ・アメリカ腐蛆病
   ・ヨーロッパ腐蛆病

 OIE: Terrestrial Animal Health Code (2013)
   ・アメリカ腐蛆病
   ・ヨーロッパ腐蛆病


編集:動物衛生研究所動物疾病対策センター疫学情報室、文責:細菌・寄生虫研究領域 高松大輔

(平成24年5月31日 更新)

ページの先頭へ↑